【PR】本サイトはプロモーション広告が含まれています
PR

TAS-V70とTAS-MV7の12の違いを徹底比較|東芝衣類スチーマーLaCooS(ラクーエス)

暮らしのお役立ち

東芝衣類スチーマーLaCooSの新型モデル「TAS-V70」が2024年月6月16日に発売予定です。ひとつ前の型落ちモデル「TAS-MV7」との違いは12カ所!どちらがどんな人に向いているのか、おすすめポイントを徹底比較していきます。

衣類スチーマーを探しいてる方はぜひ参考にしてくださいね。

TAS-V70(新型)TAS-MV7(旧型)
立ち上がり時間約17秒約30秒
スチーム使用範囲360度140度
水タンク容量約130ml約70ml
スチーム持続時間約14分20秒約6分20秒
ワンプッシュ連続スチームありなし
スチーム量約15g/分約11g/分
温度調節3段階
(低/中/高)
1段階
(中のみ)
水漏れ防止制御ありなし
オートパワーオフ ありなし
本体重量約680g約640g
本体カラーベージュホワイト
価格(税込)14,080円
(予約開始済)
約6,000円
(実売価格)
発売日2024年6月16日2023年6月16日
TAS-V70とTAS-MV7の11の比較表

TAS-V70(新型)がおすすめな人

TAS-V70(新型)がおすすめな人は以下のような人です。

✓少しでも時短で作業したい人
✓いろいろな素材の服にスチームをかけたい人
✓小回りを重視する人
✓電源を切ったかどうか心配になる人
✓ベージュカラーがいい人

機能性抜群!パワフル実力派の衣類スチーマー

TAS-MV7(旧型)がおすすめな人

TAS-MV7(旧型)がおすすめな人は以下のような人です。

✓スチームをかけたい服の種類があまり多くない人
✓軽さを重視する人
✓少しでも値段が安い方がいい人
✓ホワイトカラーがいい人

軽くてコスパ抜群!在庫が少なくなっているところも多いのでお早めに

それでは詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

TAS-V70とTAS-MV7の12の違いを徹底比較|東芝衣類スチーマーLaCooS(ラクーエス)

TAS-V70(新型)とTAS-MV7(旧型)は東芝のコード付き衣類スチーマーです。この2つの主な違いは以下の12カ所です。

TAS-V70(新型)TAS-MV7(旧型)
立ち上がり時間約17秒約30秒
スチーム使用範囲360度140度
水タンク容量約130ml約70ml
スチーム持続時間約14分20秒約6分20秒
ワンプッシュ連続スチームありなし
スチーム量約15g/分約11g/分
温度調節3段階
(低/中/高)
1段階
(中のみ)
水漏れ防止制御ありなし
オートパワーオフ ありなし
本体重量約680g約640g
本体カラーベージュホワイト
価格(税込)14,080円
(予約開始済)
約6,000円~
(実売価格)
発売日2024年6月16日2023年6月16日
TAS-V70とTAS-MV7の11の比較表

①立ち上がり時間が違う|17秒(新型)/30秒(旧型)
②スチーム使用範囲が違う|360度(新型)/140度(旧型)
③水タンクの容量が違う|130ml(新型)/(旧型)
④スチーム持続時間が違う|約14分20秒(新型)/約6分20秒(旧型)
⑤ワンプッシュ連続スチームが違う|あり(新型)/なし(旧型)
⑥スチーム量が違う|約15g/分 (新型)/ 約11g/分(旧型)
⑦温度調節が違う|3段階(新型)/1段階(旧型)
⑧水漏れ防止制御が違う|あり(新型)/なし(旧型)
⑨オートパワーオフが違う|あり(新型)/なし(旧型)
⑩本体重量が違う| 約680g(新型)/約640g(旧型)
⑪本体カラーが違う|ベージュ(新型)/ホワイト(旧型)
⑫価格が違う|14,080円(新型)/約6,000円(旧型・実売価格)

ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

①立ち上がり時間が違う|17秒(新型)/30秒(旧型)

温度センサーの配置と温度制御の見直し、立ち上がり時間が約17秒に短縮されたTAS-V70(新型)。東芝の衣類スチーマー「La・Coo-S」のシリーズ史上、最速の立ち上がりになっています。

TAS-MV7(旧型)の立ち上がりが約30秒なので、体感的にもかなり素早く立ち上がるようになっていますよね。

お出かけ前に、衣類のシワに気づいて、もうアイロンかける時間がない…となった時にも慌てず、さっとシワを伸ばせます。

②スチーム使用範囲が違う|360度(新型)/140度(旧型)

東芝公式より引用https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/irons/tas-v70/

TAS-V70(新型)はスチーム使用範囲がなんと360度!ハンガーにかけた衣類をそのままの向きで、スチームを安定して噴射できるようになりました。

TAS-MV7(旧型)のスチーム使用範囲が140度だったことを考えると、ここはかなり利便性がアップした点です。

傾けても、右利きでも、左利きでもスムーズに衣類ケアすることができますよ。

③水タンクの容量が違う|130ml(新型)/70ml(旧型)

東芝公式より引用https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/irons/tas-v70/

水タンクの容量も大きく異なります。TAS-V70(新型)の水タンクは約130ml、TAS-MV7(旧型)の水タンクは約70mlです。約2倍の水タンク容量となったことで、使用時間もぐんとアップしています。

④スチーム持続時間が違う|約14分20秒(新型)/約6分20秒(旧型)

東芝公式より引用https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/irons/tas-v70/

水タンク容量が大きくなったことで、スチームの持続時間が大幅に長くなりました。TAS-V70(新型)のスチーム持続時間は最長、約14分20秒。ちなみに、これは中温設定時の数字です。高温設定時は約8分40秒なので、温度設定管理もうまく使うひとつのポイントになりそうです。

中温設定時、ワイシャツなら約4枚のシワのばし、ジャケットなら約2枚のシワのばしができるそう。

TAS-MV7(旧型)のスチーム持続時間が最長約6分20秒ということを考えると、2倍以上の時間、使用できるようになったということですね。

途中給水の手間がないのは、忙しい朝には特に便利ですよね。

⑤ワンプッシュ連続スチームが違う|あり(新型)/なし(旧型)

TAS-V70(新型)になって、ワンプッシュ連続スチーム機能があらたに備わりました。

ワンプッシュ連続スチーム機能とは、スチームボタンを一度押すと、約1分間連続でスチームが出るという機能。約1分後に自動で停止するので、出しっぱなしになってしまうこともありません。

途中でスチームを止めたい時はもう一度ボタンを押せば、止めるのも簡単!何度もスチームボタンを押さなくていいので、衣類ケアがさらにラクチンになりましたね。

⑥スチーム量が違う|約15g/分 (新型)/ 約11g/分(旧型)

東芝公式より引用https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/irons/tas-v70/

1分当たりに出るスチーム量も違います。TAS-V70(新型)は約15g/分、TAS-MV7(旧型)約11g/分となっています。

ちなみにTAS-V70(新型)のこのスチーム量は高温設定時のもの。たっぷりのスチームで一気にシワが伸ばせます。

⑦温度調節が違う|3段階(新型)/1段階(旧型)

東芝公式より引用https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/irons/tas-v70/

TAS-V70(新型)は衣類の素材に合わせ、かけ面温度設定を高温(約180℃)、中温(約150℃)、低温(約120℃)から選べるようになりました。やわらかなアクリルなどのデリケートな衣類は低温で、麻や綿などがんこなシワには高温で、ケアできるようになりました。

低温設定のときもスチーム噴射可能で、優しくお手入れできますよ。

TAS-MV7(旧型)の温度は1段階。約160度の中温のみとなっています。布地の素材によってかけ方を調整する必要がありますが、ケアしたい衣類の種類があまり多くない人にはこちらでも十分、便利に使える温度帯です。

⑧水漏れ防止制御が違う|あり(新型)/なし(旧型)

TAS-V70(新型)には水漏れ防止制御機能があらたにつきました。これは旧型にはなかった機能で、マイコン制御にてスチーム孔からの水漏れを防いでくれるというもの。

⑨オートパワーオフが違う|あり(新型)/なし(旧型)

TAS-V70(新型)にはオートパワーオフ機能があたらにつきました。作業をしたあと、そのまま電源を切り忘れてしまっても10分後には自動で電源が切れます。

朝の忙しい時間に使うと、電源の切り忘れが怖いもの。オートパワーオフ機能があれば、うっかりさんでも安心して使えますね。

⑩本体重量が違う| 約680g(新型)/約640g(旧型)

本体の重量に違いがあります。TAS-V70(新型)は約680g、TAS-MV7(旧型)は約640gと、新型の方が約40g重い仕様になっています。

TAS-V70(新型)は重心を手元に近づけることで取り回しのよさを改善しているので、この40gの差はそれほど気にならないでしょう。

⑪本体カラーが違う|ベージュ(新型)/ホワイト(旧型)

ベージュのTAS-V70(新型)

本体カラーがホワイト(旧型)からベージュ(新型)へ変更になりました。新型も旧型もカラー展開は1色。インテリアになじみやすいベージュ、ぱっと鮮やかな白さを感じるホワイトのどちらも素敵ですね。

⑫価格が違う|14,080円(新型)/約6,000円(旧型・実売価格)

この2つは価格が大きく異なります。TAS-V70(新型)とTAS-MV7(旧型)の価格の差は約8,000円。元の値段がそれほど高いものではないので、この差はかなり大きいですよね。

360度の使用範囲となったこと、温度調節ができるようになったことの2点を考えると、約8,000円高いのは納得できるかもしれません。毎日、衣類スチーマーを使う人にとってかゆいところに手が届くような細かな設定ができるようになったということですね。

機能性抜群!パワフル実力派の衣類スチーマー
軽くてコスパ抜群!在庫が少なくなっているところも多いのでお早めに

TAS-V70とTAS-MV7 共通の特長|東芝衣類スチーマーLaCooS(ラクーエス)

TAS-V70とTAS-MV7で、共通する主な特長は以下の2つです。

①衣類スチーマーとしてもアイロンとしても使える2way仕様
②除菌、脱臭、アレルギー物質を手軽にケア

詳しく見ていきましょう。

①衣類スチーマーとしてもアイロンとしても使える2way仕様

TAS-V70(新型)とTAS-MV7(旧型)はどちらも衣類スチーマーとしてだけではなく、アイロンとしても使える2way仕様になっています。

フラットなかけ面で、アイロン台の上でしっかりプレスしながら使いたいときにもスムーズに使用できます。

②除菌、7種のニオイ、アレルギー物質を手軽にケア

TAS-V70(新型)とTAS-MV7(旧型)はどちらも、除菌、7種のニオイ、アレルギー物質を手軽にケアすることができるようになっています。

高温スチームで、除菌、花粉などのアレルギー物質の低減にも活用できます。加齢臭、汗臭、タバコ臭、生乾き臭、ペット臭、飲食臭、防虫剤臭などにも対応。

クローゼットから出してみたら、防虫剤の臭いがついていた!というときにもささっと高温スチームで臭いが低減できるのは嬉しいですよね。

TAS-V70(新型)とTAS-MV7(旧型)はどんな人におすすめ?| 東芝衣類スチーマーLaCooS(ラクーエス)

TAS-V70(新型)とTAS-MV7(旧型)はどんな人におすすめなのでしょうか?

TAS-V70(新型)がおすすめな人

TAS-V70(新型)がおすすめな人は以下のような人です。

✓少しでも時短で作業したい人
✓いろいろな素材の服にスチームをかけたい人
✓小回りを重視する人
✓電源を切ったかどうか心配になる人
✓ベージュカラーがいい人

機能性抜群!パワフル実力派の衣類スチーマー

TAS-MV7(旧型)がおすすめな人

TAS-MV7(旧型)がおすすめな人は以下のような人です。

✓スチームをかけたい服の種類があまり多くない人
✓軽さを重視する人
✓少しでも値段が安い方がいい人
✓ホワイトカラーがいい人

軽くてコスパ抜群!在庫が少なくなっているところも多いのでお早めに

まとめ|TAS-V70とTAS-MV7の12の違いを徹底比較|東芝衣類スチーマーLaCooS(ラクーエス)

2024年6月発売の東芝衣類スチーマーLaCooSの新型モデル「TAS-V70」と、ひとつ前の型落ちモデル「TAS-MV7」との違いは12カ所!どちらがどんな人に向いているのか、おすすめポイントを比較しました。

TAS-V70(新型)TAS-MV7(旧型)
立ち上がり時間約17秒約30秒
スチーム使用範囲360度140度
水タンク容量約130ml約70ml
スチーム持続時間約14分20秒約6分20秒
ワンプッシュ連続スチームありなし
スチーム量約15g/分約11g/分
温度調節3段階
(低/中/高)
1段階
(中のみ)
水漏れ防止制御ありなし
オートパワーオフ ありなし
本体重量約680g約640g
本体カラーベージュホワイト
価格(税込)14,080円
(予約開始済)
約6,000円~
(実売価格)
発売日2024年6月16日2023年6月16日
TAS-V70とTAS-MV7の11の比較表

TAS-V70(新型)がおすすめな人は以下のような人です。

✓少しでも時短で作業したい人
✓いろいろな素材の服にスチームをかけたい人
✓小回りを重視する人
✓電源を切ったかどうか心配になる人
✓ベージュカラーがいい人

機能性抜群!パワフル実力派の衣類スチーマー

TAS-MV7(旧型)がおすすめな人は以下のような人です。

✓スチームをかけたい服の種類があまり多くない人
✓軽さを重視する人
✓少しでも値段が安い方がいい人
✓ホワイトカラーがいい人

軽くてコスパ抜群!在庫が少なくなっているところも多いのでお早めに

衣類スチーマーの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました