無印良品の送料が高すぎる!配送料を安くするための3つの方法

暮らしのお役立ち

シンプルで使いやすく、おしゃれな無印良品。最近は、ネットで購入するのもラクチンになってきました。でも、無印良品公式サイトの送料は高すぎる!と思う方も多いのではないでしょうか?

無印良品公式サイトの配送料は高いだけではなく、複雑で分かりづらいことでも有名。送料についてあまり考えずにお買い物をしていたら、最後の支払いステップで驚愕!ということも…。

そこで今回は、無印良品の配送料を安くするための3つの方法をご紹介。自分にあった方法で、賢く、オトクにお買い物を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

【まずはおさらい】分かりづらい 無印良品公式 ネットストアの配送料

2021年3月に無印良品の配送料が変更になりました。配送料は、配送料区分(商品の大きさや種類)ごとに決められており、配送料自体もかなり高いです。

新生活で必要な家具を無印良品で揃えようと思ったら、配送料もしっかり予算に入れておかないと大変なことに…。特に、1点ごとに配送料がかかる商品を複数購入するときは、注意が必要!ちなみに、1回の買い物での最大配送料は消費税込30,000円までとなっています。

https://www.muji.net/mt/contact/guide/delivery_info/014397.html 無印良品「配送料区分と配送料について」より引用
https://www.muji.net/mt/contact/guide/delivery_info/014397.html 無印良品「配送料区分と配送料について」より引用

特に送料が高いアイテムに注意!

1点ごとに500円の配送料がかかる商品は、商品ページで「カートに入れる」の下の部分に注意書きとして書かれています。ただ、よく注意していないと見落としてしまうことも…。

同じシリーズで複数揃えたくなるポリプロピレン収納ケースも送料が1点ごとにかかる商品。たとえば、「PP衣装ケース引出式」の小サイズ本体の価格は1,190円ですが、ここに500円の送料がかかると、合計では1点で1,690円ということになってしまいます。

本体価格の半分ほどの送料がかかると思うと、かなり高いイメージですよね。

ましろ
ましろ

どの商品が1点ずつ配送料がかかるのか、少し分かりづらいかも…。たくさん買おうと思って、総合計を見てびっくりということにならないように注意!

※こちらの記事は2022年11月現在の情報で書かれています。

高すぎる無印良品の配送料を少しでも安くするための3つの方法をご紹介!

オンラインで購入、店舗受け取りにして送料無料にする

店舗受け取り対象の商品は、店舗で受け取ると、店舗までの送料は無料になります。店頭での在庫がない商品も注文できるため、希望のサイズや種類が手に入りやすくなるというメリットもあります
 
2022年3月からは店舗受け取りできる商品が大幅に拡大されました。衣料品や日用品だけではなく、体にフィットするソファや圧縮ポケットコイルスプリングマットレスといった大型の家具や家電の一部も店舗受け取りができるようになり、利便性がアップ!

お支払いは、注文時か店舗での受け取り時が選べるようになりました。最短で、注文翌日に受け取り可能日の案内メールが届きます受け取り可能日から10日以内に引き取りにいきましょう。

注意点もしっかりチェック!

・ 在庫なし、ネットストア取り扱いなし、店舗受け取り対象外商品では、利用できません。
・一部の商品は、受け取りできる店舗が限定されています。ネット注文の際、受け取り店舗についてもしっかり確認しておきましょう。
・受け取り可能日から10日を過ぎてしまうと、自動的に注文キャンセルとなってしまうので注意が必要です。
・ネット注文店舗受け取りを利用するには、MUJI.netメンバーへの登録が必要です。

ポリプロピレン衣装ケースも店舗受け取り可能商品!「店舗受け取り専用」の商品をカートに追加して購入しましょう。

オンラインで小物をまとめて購入して、送料無料にする

無印良品のネットストアを利用する際、配送区分が宅配品となっている衣料品や日用品をまとめて、消費税込み5,000円以上の購入すると、配送料無料になります。

ネットストアで購入する際は、「カートに入れる」ボタンの近くにある配送についてのコメント「この商品は【ネットストア限定、消費税込5,000円以上で配送料無料、対象商品】です」を確認しておきましょう。

注意点もしっかりチェック!

・対象外の商品を同時に購入してしまうと、配送料がかかるようになってしまいます。
・「予約商品」と「通常商品」を同時に購入してしまうと、配送料のカウントは別々になってしまいます。「予約商品」、「通常商品」それぞれが、消費税込み5,000円以上だと配送料無料です。
・無印良品週間メンバー限定10%オフの際は、値引き後の代金が消費税込み5,000円以上で配送無料です。
・ネットストア限定のため、店舗では利用できません。

◇無印良品でオトクに使えるMUJIカードについて詳しくはこちら
無印良品MUJIカードで毎年1500ポイントがもらえる*持ってるだけでお得なクレジットカード!

\MUJIカードを今すぐ無料で作る/

MUJIカード公式はこちら【MUJIカード】

オンライン通販サイト(Amazon、LOHACO、Yahoo!ショッピング(PayPayモール)、楽天)を使って、送料無料までのハードルを下げる

Amazon、LOHACO、Yahoo!ショッピング、楽天などの通販サイトを利用すれば、購入金額によっては送料無料にすることができます

クレジットカードの他、PayPayや楽天Edyなどのコード決済、電子マネー払いなど、無印良品の各ECサイトでの支払いについてはこちらの記事で詳細をご説明しています。

🔗無印良品でPayPayやiDは使える?支払い方法の裏技を徹底解説!

【Amazon】ー2,000円以上購入で送料無料/Amazonプライム会員で送料無料/基本送料410円~450円

送料無料へのハードルがもっとも低いのが、Amazon2,000円以上の購入で送料が無料となります。Amazonプライム会員なら、2,000円以下でも送料無料で配送してもらえます。

ましろ
ましろ

Amazonプライムに入っていると、送料無料だけではなく、お急ぎ便も無料に!

  

🔗【2022年】Amazonプライム会員のメリット、全部知ってる?13の特典を使いこなそう

  

また、公式の無印良品でセールをしていないときでも、Amazon独自でセール価格になっていることも多く、オトクに購入できることも。ただ、在庫が潤沢でない場合も多いようで、受け取るまでに時間がかかることがあるというデメリットもあります。

【Amazon】無印良品公式はこちら

【LOHACO】ー3,780円以上購入で送料無料/基本送料550円

LOHACO(ロハコ)はアスクルが運営する個人向けのネットショップ3,780円以上の購入で送料が無料となります。無印良品の商品以外にも、日用品や食料などさまざまなアイテムを扱っています。

2022年10月までは基本送料が220円とリーズナブルだったロハコ。2022年11月からの改定で、送料無料ラインも基本送料もアップしてしまいました。

【LOHACO】無印良品公式はこちら

【Yahoo!ショッピング】ー3,980円以上購入で送料無料/全国一律送料550円

Yahoo!ショッピングは、3,980円以上の購入で送料が無料になります。PayPayでの購入もできますし、ポイント還元、キャンペーンなども頻繁に行われているので、タイミングよく買い物できるとオトクになります。

Yahoo!プレミアムに加入している人やソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザーは特に還元率が高いので、欲しい商品があるか、一度、確認してみてもいいかもしれません。

【Yahoo!ショッピング】無印良品公式はこちら

【楽天市場】ー3,980円以上購入で送料無料/基本送料500円

楽天市場の無印良品公式での購入は、3,980円以上で送料無料になります。普段から楽天で買い物をしている人は使いやすいですよね。

楽天お買い物マラソン、毎月5と0のつく日のポイント5倍など楽天ポイントを効率的に貯められるので、メリットも大きそう。ある程度、高額な商品を買う際などに楽天市場での購入を考えてみてもいいかもしれませんね。

【楽天市場】無印良品公式はこちら

おしまいに

無印良品の商品をネットで購入したい時に使える選択肢を多く持っておけば、欲しい商品の価格や基本送料との関係などを考えて、最良の選択をすることができそうです。

シンプルで使いやすい無印良品の商品は、ネットで上手に購入していってくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました